小型ミニバンのさきがけ

キューブの査定ナビ > キューブとは?

日産のミニバン・キューブとは?

個性的な独特の四角いデザインで人気の日産キューブ。

室内のスペース効率を重視したそのコンセプトは一般のミニバンとは異なり、そのユニークさで人気となっています。

モデルサイクルを見てみると、初代キューブはコンパクトカーのマーチをベースとした背の高いワゴンとして登場。現在のような角ばったデザインではありませんが、月の販売台数が10,000台を超える人気車で2002年に2代目が登場するまでコンスタントに売れ続けました。

2002年10月登場の2代目キューブは独特の四角いフォルムと、左右非対称のボディなどそユニークなデザインで大ヒット車種となりました。マーチと同じ1.4Lエンジンの設定だけでした。

2003年9月には外観はほとんど変わらず、3列シートで7人乗りのキューブキュービックも登場。乗車人数を増やすことでミニバンとしての使い勝手が向上しています。2005年のマイナーチェンジでは1.5Lエンジンのモデルも追加、フロントグリルが菱形になるなど外観を変更。さらに2007年にもマイナーチェンジ、燃費を向上させるなどしています。

現行型の3代目キューブは2008年に登場、外観デザインは一見キープコンセプト歳ながら細かな部分を見ると曲面が多様され、ブルドックをデザインモチーフにした、より個性的なデザインとなりました。

2代目と比べると全長で160mm、全幅25mm拡大して一回り大きくなっているのですが、3列シートのキューブキュービックは現在のところ廃止されています。

オーテックジャパンのライダーなどの人気オプションはラインナップされ、3代目からはヨーロッパなどでも販売され、左ハンドル仕様も作られるなど、グローバルカーを目指しています。

現行型のキューブはエンジンやトランスミッションなどは1種類しかないため、グレードの違いは快適装備などの違いに限られています。

キューブを高く売りたいならカービューで

カービュー

【愛車を売るとき必見の自動車専門ポータルサイト】
自動車に関するの専門サイトのカービュー(carview)は、愛車を高く売りたい時には必見。日本最大級の自動車専門サイトだから今までに一度はあなたも利用した事があるはず。カービューでは車を売る、買うということも可能で、今、最も注目されているサービスが中古車の一括査定なのです。これはガリバー・カーセブン・ラビット・ビッグモーターなどの大手の中古車買取店やあなたの近所の個人経営のお店まで数多くの中古車買取店が加盟しているカービュー車買取ネットワークが提供しているサービス。あなたのキューブの年式・走行距離・ボディカラー・グレード・車検時期といった情報を入力すると一括して複数の買取店に査定の申し込みをしてくれる便利なもの。複数の買取業者が競争入札によって見積もりを出すので限界に近い高額の査定を引きだせるというメリットがあります。査定に必要な情報の入力はインターネットで3分程度で終わる手軽さが注目されています。愛車を高く売りたい時にはカービューを活用すべしというのが新しい常識になっています。他にも新車の情報や試乗記事、コラム、ニュースなどのいろいろなコンテンツが充実。カービューが提供している自動車SNSサイトのみんカラはカスタム・ドレスアップやレビューなど生の情報が豊富に揃っていてあなたのカーライフをサポートしてくれます。